上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ブログで書かせて頂いた富士登山について数人の方に富士山情報のご要望をありがたいことにいただいたので

素人情報ながら、いろいろと勝手に書かせていただきたいと思います
(※写真は全て去年のものを載せてます

本当に素人情報なので経験者の方や興味の無い方ははサラッと流してください(笑)




まず今回登ったのは吉田ルート(河口湖口)というルート

吉田ルートはもうひとつ吉田口というのもあります。

ルートはいくつかあり他には富士宮口・須走口・御殿場口

今回(&前回)利用した吉田ルート(河口湖口)はわりと多くの方が利用する登山口で

他の登山口より広く、山小屋やお店(おみやげ屋、レストラン等)が多く五合目だけを目的に来る人も多いとか


s-IMG_2001.jpg
↑こちらが河口湖口の登山道入り口

五合目の時点で標高は2300mほどあるので空気はそれなりに薄めです(笑)

ペース配分がかなり大事で下手すると6合目でいきなりリタイアする人も多いとか

特に回りに人が多いと気を使ったり後ろから来られると焦ったりして息があがったりすることもあるようです

私達は幸いお盆明けで時期が良かったのか、時間帯が他の登山客とずれていたからか

ほとんど人がいない状態で登れたので回りを気にせず登れたので良かったです

あとは「食べる酸素」これが重宝しました

上に行けば行くほど本当にわかりやすく空気が薄くなっていきます

軽い頭痛がしたりクラクラしたりが頻繁になります。(強烈で歩けない程では無かったですが。)

そのたびに酸素を食べて復活

個人差や精神面はかなりあると思いますがオススメです。








こちらは登山道を入ってわりと近くにいるお馬さん
(時間帯によっている場所がちがいます。)
s-IMG_1999.jpg

s-IMG_2106.jpg
このお馬さんは五合目~七合目の間で乗れるんです

がしかし、有料でちょっとお高め

¥12,000~¥14,000位するとか

もちろん私は見てるだけ(笑)





↓これは登山道の途中にある木ですが冬の間の雪の重みでこんなに曲がってしまったそうです
s-IMG_2007.jpg

五合目から六合目位まではチラホラ緑もあるんですがそこから先はほとんど緑はありません




去年は七合目から雨が降ったのでこんな感じ↓ですぐ先が霧状になっていて見えない状態でした
s-IMG_2052.jpg

山の天気はいつどうなるかわからないので全ての状況に対応した準備が必要だなと痛感

去年も今年も思ったのが外国の方はなぜあんなに軽装で登れるのだろうか(笑)

お国柄なのか、慣れているのか・・・

Tシャツ1枚に短パンに普通のスニーカーで登っている外国の方が沢山いた

そして登るペースが速い

・・・ま、案の定途中で息切れしてる人ばかりでしたけど

行く前に、富士山は今外国人で渋滞しているという話を聞いてたんですが本当でした

会う人会う人、外国人(笑)

8~9割、外国人(笑)

あ、でも渋滞は全くしてませんでした!むしろ空いてた位だと思います


ある体の大きな外国の方と同じペースで登っていて抜きつ抜かれつ・・・という感じだったのですが

その方、私達を抜く度に

「オハヨゴザイマス」

「タスケテー」

(笑)


私達

「おはようございます」

「こっちも助けて~」


の繰り返し(笑)


最後は頂上で一緒に写真を撮ってサヨナラしました

写真はその方のパートナーの方のカメラで撮ったので手元にはありません


話が逸れましたが、装備について。

今回初めて知ったのですが、山に登る時に着るものは全て化繊(ポリエステル等)でできた物が良いという事

理由は綿だと汗をかいた時に冷たさが残り寒さを持続させちゃう事と撥水しないから重さが残ってしまうという事。
(富士山、なかなか寒いです

なので衣類は特に化繊など吸水速乾をしやすい物が良いそうです

スポーツ用などの

止まると寒いし歩くと汗かいて暑くなるし・・・と複雑な環境なので


きっとこれは考えれば解る事なのかもしれませんが素人の私達にはまったく考えもしなかった事でした(笑)

むしろ、汗かくし綿の方が良いよね♪位の浅はかな考え(笑)

なので私はバカの一つ覚えかのように全身化繊で行きました(笑)

去年確かに綿で行って雨が降ってかなり!寒かったので

その雨が降った時の気温は0度近かったです

真冬でもあんな寒さはなかなか体験しません



そして靴

いろんな人に聞いて、靴だけはぜったい登山靴で行った方が良いよと言われ、去年登山靴をちゃんと買いました

やはり石や砂利が多く滑りやすく登山道(特に下山道)だと足腰への負担が凄いので足首をグキっとやったりしないないように靴はしっかりとしていた方がいいらしい

あと足の爪は切って行ったほうが良いですね

下山する時に靴に当たってなかなか痛いので(笑)






登山風景に戻りまして頂上付近(上から撮影
s-IMG_8756_20100822132604.jpg
こんな感じで何も無い斜面をジグザグに登り続けるんです

下が曇っていたので見えませんが晴れていたらもっと下まで丸見えだった事でしょう


道沿いにチェーンがかかっているのですがこれを頼ってあまり手をかけない方が良いそうです!

これは道案内の為だけにかけてあるので杭がしっかり刺さっていないらしく

あまり体重をかけるとグニャっと倒れてしまうかもしれないから!

確かにグニャグニャの杭、多かったです。

・・・・・手、ついたんかい私







下山道。

s-IMG_2071.jpg

s-IMG_2091.jpg
斜面に木も柵も何も無い石&砂利だらけの坂道をひたすら滑るように下るのみ!

写真はちょっと柵がありますが基本的には何もありません

なので転んだりするとちょっと怖いです(笑)

そのまま転がり落ちるんじゃないかという恐怖感でドキドキしながら下りました(笑)




無事下山できた時は疲れと足のパンパンさと達成感と頭痛と気持ち悪さでなんだかよくわかりませんでした(笑)






よく聞かれたのはトイレについて

トイレは五合目から有料です

覚えてる限りでは五合目が50円。

六合目が100円。

そこから本八合目までが200円。

頂上が300円。

確かこんなかんじだったと思います

環境保全の為に徴収しているそうです

わりとどこのトイレも思ったより綺麗でした



富士山には小銭をいっぱい持って行った方がいいですね

飲料や食事代もけっこう高いです!

500のペットボトルが4~500円!

カップラーメンが600円とか!

なんでも高いです

お金はいっぱい持っていってください(笑)







なんだか大変長々と失礼いたしました

読んでくださった方ありがとうございます

あくまで私が体験した中での事とガイドさんに聞いたことを参考に勝手ながら書かせていただいたものです。



クレームは受け付けません(笑)








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ymt213.blog101.fc2.com/tb.php/285-bc2ae2b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。