やっとその③です(笑)

今回の旅の一番の目的地

スペイン・バルセロナと言ったらご存知


サグラダ・ファミリア


子供の頃テレビで見て以来ずっと憧れていて大人になったら絶対に行ってやろうと心に決めていた場所

ついにその夢が叶いました



~前回のその②の最後で地下鉄に乗り、駅に着いたところから・・・
s-IMG_3620.jpg

・・・あ。
ちょっとここで地下鉄についての小話を挟んじゃいます

今回市内を回るのはほとんど地下鉄移動で事足りました

ちなみに切符はこんな感じ↓
s-IMG_4567_20120224214740.jpg
1日券とか3日券とかいろいろあったんですが今回は10回券にしてみました
これが一番良いと聞いたので
日本円で790円位。

改札の通り方(入り方)は切符を通して出てきた切符を先に取り透明の自動ドアみたいなのが開いたら通る。
といった感じ
(古い駅だとバーを自分で押すやつでした)

まぁ、日本と差ほど変わらないと言えば変わらない。

ただひとつだけ違うのは出るとき
なんと切符を通さずに自動ドアから出るだけ

なのでこの切符が使える範囲は1回通しただけでどこまでいっても同じ値段・・・なのか?(笑)
駅数が多ければ得なのか、少ないと損なのか、なんだかよくわからないけどそんな券でした(笑)


ちなみに。
電車から降りる時は自分でレバー又はボタンを押さないとドアが開きません。
s-IMG_4448_20120224221454.jpg
↑これは新しい?ボタン式。

s-IMG_4450_20120224221452.jpg
↑古い?レバー式。

s-IMG_4449_20120224221453.jpg
電車がホームに入って停まったら自分でレバーを左にガコッっと。

そんな感じの地下鉄ございました




~さて。サグラダ・ファミリアに戻ります

s-IMG_3622.jpg
地下鉄を出てわりとすぐに行列が目に入ってきてなんだろう?と思っていたら実はこれが
サグラダ・ファミリアに入るチケットを買う行列

写真では見えませんがこの列の先にさりげな~くハンディタイプの金属探知機?を持った警察官?警備員?が立ってるんです

やはり犯罪の多い場所ならではなんですかね




~数分並び、ついについに

見えてまいりました

s-IMG_3623.jpg

s-IMG_3626.jpg

サグラダ・ファミリアでございます

ちなみに↑こちらは西側・受難のファサード。
(すみません。見た(入った)順なので受難が先になってしまいました)

サグラダ・ファミリアは新約聖書の世界を建築で現しているそうです

この彫刻にはいろいろ意味があるようで
s-IMG_36282.jpg
こちらは十字架を担いでゴルゴダの丘をのぼるイエスキリスト

s-IMG_36281.jpg
磔刑に処されるイエスキリストとそれを嘆く聖母マリア
十字架が普通のH鋼なのがちょっと気になるとこ(笑)

s-IMG_36261.jpg
天に昇るイエスキリストなんですが工事(修復?)中の為ネットが張ってありほぼ見えませんでした

他にも12使徒の彫刻などいろいろあるんですが長くなるので主要所だけにしておきます

ちなみにこちらの受難のファサードは石造りでは無くコンクリート造りだそうです。
s-IMG_3627.jpg



~中へと移動
s-IMG_3629.jpg
入るとすぐに目に入ったのが素敵なステンドグラス

s-IMG_3630.jpg
向かいの柱にはその輝きが映り更に素敵

s-IMG_3633.jpg
信者さんが手を清める貝でできた聖水盤

s-IMG_3636.jpg
(生誕のファサード側)
礼拝堂内は天井が高く柱を樹木に見立てて森林を創ろうとしたそうです

s-IMG_3646.jpg

s-IMG_3756.jpg
(受難のファサード側)

s-IMG_3658.jpg
天井にはシュロの葉の形をした細工が施されているそうです
森の中にいるような造りになってます!

s-IMG_3653.jpg
まるでナウシカに出てくる腐海の最深部のような幻想的な感じでした


s-IMG_3662.jpg
ちなみにこちらが栄光のファサード(正面の門)側なのですがあまりにも何も無い殺風景な感じがしたのと、
現在は外側が全面ネットに覆われていて工事中?だったのかちょっと暗かったのでこんな写真しか撮れませんでした

s-IMG_3664.jpg
こちらは礼拝堂正面の祭壇

s-IMG_3667.jpg

s-IMG_3675.jpg

祭壇中央のキリスト像



中を一通り見て一旦外へ出て生誕のファサード側へ

s-IMG_3692.jpg
多分、皆さんサグラダファミリアと聞いて思い浮かべるのがこちら側から見た画ではないでしょうか
はい。私もその1人です

受難のファサードとはまた全然違う表情を持っていて、私的にはこちらの方がやはりサグラダファミリアに来たって感じがしました

s-IMG_3695_20120224211830.jpg

s-IMG_3696.jpg

s-IMG_3697.jpg

s-IMG_3701_20120224211925.jpg

こちら側の彫刻もいろいろ意味があるそうで・・・
・聖母マリアが神への献身的な愛に対して載冠される時を現してる像
・聖母マリアの受胎告知
・音楽を奏でる天使達
・三賢王の礼拝
・羊飼いの礼拝

等々。すみません複雑すぎて細かくどこがどこだかはわかりません

この生誕のファサードは日本人でサグラダファミリアの専任彫刻家を務める外尾悦郎さんが手がけた部分もあるそうです

日本人として誇りですね





長々と書きすぎて段々疲れてきたのと皆様もちょっと飽きてる頃かな?と思い今回はこの辺で終わります

お付き合いありがとうございました

まだまだスペイン旅行記は続きますがなるべく短くして早めに載せられるようがんばります














スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ymt213.blog101.fc2.com/tb.php/603-4996df5c